桜町調剤薬局【有限会社マスト】

スタッフ紹介

座談会

入社して間もない新人から、後輩に教える立場になった中堅社員を集め、社長を含めた5名で、
これまでの会社への印象や働いてみて感じたことなどを語っていただきました。

座談会
 

自分の意見や提案を受け入れてもらえる。
それが人のためになっていると感じると
嬉しいですね。

社長:まず最初に今年入社してまだ半年という細田は働いてみてどのような感想をもっているかな?

細田:一番強く感じているのは自分の意見を受け入れてもらえるということですかね。自分が感じたことやもっとこうすべきという提案を社長や薬局長がしっかりと聞いてくれた上でアドバイスしてくださいますし、それを前向きにチャレンジさせていただけるのがありがたいです。まだ半年の僕でも自分の意見が会社の役に立ってそれが人のためになっていると感じると嬉しいですね。

社長:もっとこうしたいというのは会社にとって重要なエネルギーだからね。理念に沿ってこうしてみようというチャレンジが原動力になるし、それによってやるべきことも固まっていくと思うから大切なことだよね。

 

まさか薬局に入って落書き落しをするとは
思いませんでした(笑)。

落書き落し

社長:田口もまだ2か月だけど働いてみてどう思う。

田口:私はびっくりすることばかりですね。それくらい外から見ていた薬局のイメージと違っていることが多くて、毎日こんなこともするのかという連続ですね。まさか地域の落書き落しまでやるとは思いませんでした(笑)

社長:落書き落しはあくまでも研修だからね(笑)個々の研鑚としてみんなでもっとびっくりするような研修を考えて思いついたら僕に教えてよ。石垣は2年目になったけどどんな1年間だった?

石垣:まだまだ積み重ねなければいけないことばかりですが徐々に慣れてきたという感じですね。歳の近い先輩が多いので分からないことがあれば何でも聞きやすいですし、一日も早く教える立場になれるようにしたいです。

社長:教えてもらう立場よりも教える立場の方が苦労が多い分自分が変わるチャンスでもあると思うんだ。近い将来指導する立場になることを前提にしっかり積み重ねておかないとね。

 

入社して一番驚いたのはこの雰囲気
だと思うんです。
皆さんがこんなに仲が良いんだなって。

社長:鶴見はもうベテランだからね(笑)後輩ができてどうかな?

鶴見:まだベテランじゃないですよ~(笑)でももう4年目で後輩の指導をするようになって思います。私もこうだったよな~って(笑)その立場になって私もしっかりしなくちゃって感じます。

田口:鶴見さんはすごく優しいんです。何でも聞いてって感じです。頼れる先輩がいるのは心強いですね。

社長:すごいね。僕も何でも聞こうかな(笑)

鶴見:やめてくださいよ~(笑)でも入社して一番驚いたのはこの雰囲気だと思うんですよ。皆さんがこんなに仲が良いんだなって。

細田:それは僕も一緒でしたね。この会社の特徴が一番わかりやすい部分というか…、一番の強みだと思います。

石垣:それが職場の中だけではないことがこの会社っぽいところだと思うんですよ。みんなでカレーライスマラソンに参加したり、リンゴ狩りに行ったり、そもそも飲み会が多いですからね。

鶴見:次はいつ飲みに行きます~?

社長:おいおい、話がそれはじめたぞ(笑)

 

感じて、考えて、やってみようですね。

感じて、考えて、やってみよう

細田:率直に珍しい会社だと思うんですよ。職員の家庭に出汁が提供されるとか…。

社長:健康経営という言葉があるように、職員の健康維持に重点を置くことは会社の将来を大きく左右させる重要な要素だと思うんだ。個々の職員の健康が会社を支えるベースになるので、特に福利厚生はその点を重要視しているんだよ。

石垣:それでフィットネスジムの法人会員にもなっているんですね。

社長:そうだね。健康を維持する上で運動と食事は大切だからね。

細田:薬局としても患者さんやお客さんに対する運動や食事の指導は重要ですしね。

石垣:自分が健康でなければ説得力もないですからね(笑)

鶴見:この何年かでうちの薬局に薬を買いに来られるお客さんが増えましたよね。

田口:それも驚きなんですよ。こんなに色々なものがあるんだって。市販薬もたくさんあるけど杖とかもありましたよね。

社長:そもそも薬局といっても医療だけではなく介護サービスや物を販売する店舗としてのチャンネルも持っているからね。地域の方々のニーズに合わせてアイテムも増えていくし、逆にみんながそのニーズを敏感に感じ取ることが重要だと思うんだよ。

細田:そうですよね。いつも社長がおっしゃるように先入観を取り除けばそれが当たり前ですし、もっとやれることがたくさんあるということですよね。

石垣:感じて、考えて、やってみようですね。

社長:そうだね。これからもみんなで一緒にやってみようだね。

BACK TO TOP